トップページ > センターについて > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

 独立行政法人教員研修センターは、学校教育関係職員に対する研修のナショナルセンターとして平成 13 年に発足しました。以来14年間、全国の学校教育関係職員の資質向上を目的に、国として行うべき研修として中央研修、喫緊の教育課題に関する研修等を体系的に、かつ一元的・効率的に実施してまいりました。
 
 本年度も引き続き、国と自治体との適切な役割分担と連携協力の下に、国の施策や学校を取り巻く今日的な教育課題を踏まえ、国の教育政策上、真に必要な研修を実施してまいります。
 また、従来から実施してきたデジタルコンテンツ教材等、各種の研修教材や研修情報の提供事業を一層充実させるとともに、教員養成を行う大学と教育委員会の連携・協力による教員研修モデルカリキュラム開発事業を実施する等、都道府県市教育委員会に対する支援の取り組みを継続し、情報提供機能の一層の強化を図ってまいる所存です。
 さらに、今年度からは本センターに置かれる次世代型教育推進センターにおいて、新たな学びに関する教員の資質能力向上のためのプロジェクトを開始することとしています。
 
 現在、国では「学び続ける教員像」という理念のもと、現職教員の資質向上のため、教員研修の改善が検討されていますが、今後は、研修の高度化・体系化・組織化が必要と考えています。これからも、関係各方面のご意見を踏まえつつ、役職員が一丸となって、質の高い研修の実施並びに当センターの機能強化に努めていきたいと存じます。

 今後とも皆様方の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。


独立行政法人教員研修センター理事長  
岡 信也  



ページの先頭へ