トップイメージ

「次世代型教育推進センター」では、次期学習指導要領改訂のポイントである、課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び(いわゆるアクティブ・ラーニング)や指導の方法を充実させるために「新たな学びに関する教員の資質能力向上のためのプロジェクト」に取り組んでいます。

〇次世代型教育推進センターについて(PDF)


 

新たな学びに関する
教員の資質能力向上のためのプロジェクト

新着情報

平成28年12月22日
成果公表のページに(右上の「成果公表」のタブをクリック)、主体的・対話的で深い
学びの視点からの授業改善に取り組んでいる実践事例(報告者:当センター研修協力員)
を掲載しましたので、ご覧ください。
平成28年12月15日
12月15日(木)に、岐阜県内の学校関係者を中心に201人の参加者を得て、岐阜大学教育
学部附属学校ならびにじゅうろくプラザを会場として、「平成28年度次世代型教育推進セ
ミナー(岐阜会場)~アクティブ・ラーニングについて考える~」を開催しました。午前は、
岐阜大学教育学部附属小・中学校での授業公開が行われました。午後からは、文部科学省初
等中等教育局 教育課程課 西川 和孝 専門官からのご講義をいただきました。続いて、
午前中の授業公開を踏まえた演習を行い、実践フィールド校である千葉県我孫子市立我孫子
第一小学校 武田 みどり 教諭より同校の取組について、そして研修協力員からは鹿児島
県、徳島県の実践フィールド校の取組について発表が行われました。
平成28年12月9日
12月9日(金)に、広島県内の学校関係者を中心に183人の参加者を得て、広島県立教育
センターを会場として、「平成28年度次世代型教育推進セミナー(広島会場)~アク
ティブ・ラーニングについて考える~」を開催しました。午前は、文部科学省初等中等
教育局 教育課程課 小林 努 課長補佐からのご講義をいただき、午後からは、次世
代型教育推進センター研修協力員より実践を踏まえた発表及び 演習を行いました。
また、広島県内の取り組みとして広島県立教育センター脇谷 靖伸 指導主事より、そして
実践フィールド校である廿日市市立四季が丘小学校 松田 綾子 教諭、廿日市市立大野中
学校 木村 央子 教諭、並びに広島県立可部高等学校 上元 真弓 教諭より各校の取組につ
いて発表が行われました。
TOPへ戻る
独立行政法人教員研修センター